島根県立松江南高等学校

フォントサイズ

お知らせ

お問い合わせ

0852-21-6329

受付時間 8:25〜17:10

よく頂くお問い合わせと回答

お知らせメニュー

~中学生のみなさんの「?」にお答えします その①~

探究科学科  中学生のみなさんの「?」にお答えします その①

 

「?」その1  探究科学科の募集定員は何人ですか。

80人です。

これまで、南高では理数科40人・普通科240人の募集定員でしたが、
令和3年度からは探究科学科80人、普通科200人の募集定員になります。

 

 

「?」その2  それでは、「理数科は無くなってしまう」ということでしょうか。

探究科学科の生徒は、2年生になるときに「理数科学科」と「人文社会科学科」とを選択します。
「理数科学科」を選択した生徒は、これまでの理数科の授業や特色ある取組をさらに発展させた学びを
行うことになります。

 

 

「?」その3 「理数科学科」は、理数科の学びをさらにパワーアップさせた「科」と考えればいいんですね。

そのとおりです!

理数科学科の授業では、基礎的な知識を習得するのはもちろんですが、
さらに高度で発展的な内容の問題に取り組んだり、例えば理科と数学、、、というような教科の枠を
超えた授業でより深くておもしろい学びを行うことができます。

また、これまで理数科で行ってきた課題研究もより充実したものになります。
いろいろな大学の研究室と一緒に研究することができたり、日本のトップ企業の方と交流することができたり、
希望する人は海外の高校や大学とサイエンス交流もできるんですよ。
国内外の科学分野の学会やコンテストにも、どんどんチャレンジできます。

今年から南高が採択されたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)のプログラムの中心的な学科が、探究科学科です。

 

 

「?」その4  ワクワクするプログラムが準備されているんですね!でもちょっと不安です。
いろいろな体験ができるのは楽しそうなのですが、3年後の大学受験のための勉強は大丈夫でしょうか。

安心してください!というよりも、むしろこれからの大学入試にしっかり対応したのが探究科学科の特徴です。
「人文社会科学科」の紹介とあわせて、次号で詳しくお知らせします。お楽しみに!

 

次回の更新は8月6日です。

 

探究科学科についてはこちら ⇒ 探究科学科 紹介ページ